第4回DEGジャパン・アワード ブルーレイ大賞

DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞は、デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン(DEGジャパン)が主催し、1年間に国内で発売されたブルーレイソフトを対象として、ブルーレイの特徴を最も生かした映画作品を、ユーザー投票・審査員投票によって審査・表彰するワードです。

 

目的・概要

目的

2011年1月1日~12月31日に国内で発売・販売されたブルーレイタイトルの中から、ブルーレイタイトルの制作においてブルーレイの特色を最も引き出し、特に優れた作品を選出し、表彰いたします。
ブルーレイならではの魅力をアピールすることで、更にブルーレイ産業の発展となることを目的としております。

 

BDタイトルアワード

  • グランプリ
  • 審査員特別賞
  • 審査員特別賞
    ・映画部門(洋画、邦画)
    ・ビデオ部門(TV・ドキュメンタリー・音楽)
    ・アニメ部門
  • ベスト高音質賞(音楽部門、映像部門)
  • ベストインタラクティビティ賞
  • ベストレストア / 名作リバイバル賞
  • ベストBlu-ray 3DTM賞
  • ユーザー大賞

選考委員

グランプリ

麻倉怜士(AV評論家)※審査委員長
本田雅一(AV評論家)
藤原陽祐(AV評論家)

 

雑誌編集長

明智惠子(株式会社キネマ旬報社 キネマ旬報 編集長)
米崎明宏(株式会社近代映画社 スクリーン 編集長)
長谷川暢紀(株式会社エンターブレイン DVD&ブルーレイでーた編集長代理)
千葉栄(株式会社日之出出版 DVDVISION 編集長)
泉哲也(株式会社ステレオサウンド HiVi 編集長)
岡政人(ぴあ映画生活 編集長)
吉岡広統(日経エンタテインメント! 編集長)
社団法人日本オーディオ協会
DEG ジャパン機器メーカー会員
(順不同、敬称略)

エントリー

対象作品

2011年1月1日~12月31日の間に国内で発売・販売されたブルーレイ作品
※一般作に限る

エントリー既定

  • DEGジャパン会員ソフトメーカーによるエントリー
  • 審査員による推薦エントリー
  • DEGジャパン非会員ソフトメーカーによるエントリー

審査プロセス

一次選考(ノミネート作品の決定) *〆切は2012年1月16日(月)

エントリー作品を、審査委員の投票により審査し、二次選考へと進むノミネート作品を決定

 

2次審査

審査委員が一堂に会する2次選考会にて審査を行い、ノミネート作品の中から各部門の受賞作品、グランプリ作品を決定。
ユーザー大賞のみ、一般ユーザーからの投票より決定(投票はBDAマイスタークイズサイト※:http://meister.blu-raydisc.com/jp/ にて 2011年12月27日(火)~2012年1月15日(日)まで実施)
※BDAマイスターサイトは、ブルーレイディスク・アソシエーション(BDA)が主催しているブルーレイ関連のクイズ・検定を行うサイトです。

 

受賞作品発表・授賞式

2012年2月15日(水) 東京都内会場
東京都内で実施する授賞式にて各受賞作品の発表を予定しております。
またDEGジャパンのWebサイト(http://www.deg-japan.jp/)内で発表いたします。

過去の受賞作品

ページトップへ