DEG ジャパン・アワード/ブルーレイ大賞は、デジタル・エンターテインメント・グループ・ジャパン(DEG ジャパン)が主催し、1年間に国内で発売されたブルーレイソフトを対象として、ブルーレイの特長を最も活かした映像作品を、ユーザー投票・審査員投票によって審査・表彰するアワードです。

DEGジャパンとは

映像メーカーとAV機器メーカーが加盟し、デジタルエンターテインメントの普及活動を行う団体です。

 

第1回のDEG ジャパン・アワードは、2008年に発売・販売されたブルーレイソフトの中から、ブルーレイの特長を最も生かした全10タイトルが受賞いたしました。

 

受賞作品

ダークナイト

発売/ 販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

【評価ポイント】

2008年の最高のブルーレイソフトというにふさわしい、超絶のクオリティ。特にIMAX部の画質は空前のもの。今後のブルーレイソフトの画質を領導する記念碑的な作品である。

ベスト高画質賞 実写部門

ダークナイト

発売/ 販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

【評価ポイント】

IMAXの迫力を非常に高い解像度で表現。ブルーレイディスクならではの超高画質と圧倒的な情報量で、新世代の映像の始まりを感じさせる。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション(デジタルリマスター版)

発売/販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

【評価ポイント】

ブリキ、布、粘土、木材など身近な素材の質感を明瞭に描き分ける精細感を持ちながら、フィルムの持つ柔らかな質感もあますところなく再現されている。映画館では気付かなかったディテール感が巧みに表現されており、ブルーレイディスクの価値を改めて感じた。

NHKクラシカル 小澤征爾 ベルリン・フィル 「悲愴」 2008年ベルリン公演     

発売/販売元:(株)NHKエンタープライズ

【評価ポイント】

指揮者の息遣いや演奏者の細かな仕草まで感じさせる圧倒的な情報量と臨場感。96/24のリニアPCMとはこんなに素晴らしいものかと感嘆。ステージの奥行き感、高さ感が手に取るように感じられる。演奏の隅々まで音解像度が高く、映像との相乗効果で生の迫力を感じる。

ベスト高音質賞(映像部門)

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0    

発売/販売元:バンダイビジュアル(株) 

上質で密度の高いサラウンド感を実現。一つひとつの音が混じりあわず、音で空間の感じまでもが明瞭に表現されている。

ベストインタラクティビティ賞

バイオハザード ディジェネレーション     

発売元:カプコン(株)   販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

【評価ポイント】

ピクチャ・イン・ピクチャ機能で本編に関連したメイキングなどが同時に見られる。素材の選択も素晴らしい。新しい映画の楽しみ方をより深いものにしてくれる。

NHKスペシャル 映像詩 里山 Ⅱ 命めぐる水辺     

発売/ 販売元:(株)NHKエンタープライズ 

【評価ポイント】

ビデオ撮りとしては最高の高画質。きわめて透明度の高い映像で、カメラワーク、編集も良い仕事をしている。決して放送では味わえない圧倒的な情報量の多さで、自然の音、色があますことなく表現され、透明感に溢れる画質に仕上がっている。輪郭やコントラストも穏やかで強調感がないのもよい。

ザ・マジックアワー ブルーレイディスク      

発売元:(株)フジテレビジョン/東宝(株)   販売元:(株)ポニーキャニオン

【評価ポイント】

完全セット撮影による計算し尽された柔らかな光の回し方をあるがままに再現。付録映像を削って本編のビットレートを優先したというクオリティ志向の規格に拍手を送りたい。日本作品としてはトップクラスの画質。しっとりとした質感、ノイズの少なさは特筆。THX作品。

平井堅/Ken Hirai Live Tour 2008 FAKIN' POP     

発売元:(株)デフスターレコーズ   販売元:(株)ソニー・ミュージックディストリビューション

【評価ポイント】

フィルム感のある画調ながらノイズが載りがちな暗部の部分までクリアに再現し、ブルーレイディスクの持つ能力を引き出すことに成功している。映像と音声が有機的に連動しており、"その場にいる"ライブの臨場感がきわめてリアルに伝わってくる。24PのフルHD収録はいかにもブルーレイディスク向き。

眠れる森の美女 /プラチナ・エディション  SLEEPING BEAUTY 50th Anniversary Platinum Edition      

発売/販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン 

【評価ポイント】

70ミリフィルムの持つ高い表現力を、最高峰のレストレーション技術によって蘇らせた高度な作品。オリジナルはここまでの情報があったのかと感嘆。VHS、LDでは見えなかったディテールがブルーレイディスクでは表現され、50年振りの新しい発見が楽しい。ブルーレイディスクの価値を再発見させた。サラウンドへと再編集された音の復元技術も見事。

 

 

ページトップへ